しみ、しわ、ほうれいせんなど、お肌の大敵となる症状の原因や対処法をご紹介しています。

栄養失調でできやすいしわ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40

しわは単に肌の変形で起こってくることもあれば、栄養は体調によって出来ることもあります。そのためそのようなしわができた時にはしっかりと体調管理をしていくべきであると言えます。

どのようなしわができるのかというとちりめんじわと呼ばれるものであり、言葉のとおりちぢれたようなしわとなります。

このようなしわができてしまった場合には少し体調への関心を強くしておくことをおすすめします。

このちりめんじわができてしまう場合で多いのは無理なダイエットです。無理なダイエットをすることで栄養が不足し、それによって肌の状態が悪くなってしまうことでこのような現象が起こります。

栄養失調でできやすいしわ

肌というのはたんぱく質をはじめとして多くの成分でなりたっています。

当然栄養素が不足してしまえば、肌の劣化は防ぐことができなくなり、肌の弾力は失われます。また同時に血行不良なども起こることになり、肌の新陳代謝も落ちてきてしまうでしょう。

新陳代謝が落ちてきてしまうと、新しい皮膚を作っていく機能が衰えていきます。そのためしわができやすい環境が作られてしまうと言えます。

無理あるダイエットや食事制限はデメリットしかない

食べないダイエットというのは今ではやるべきではないという流れが出てきていますが、これは当然のことであると言えます。

ダイエットをして栄養を取らないというのは肌の状態をまず悪くしてしまいます。肌の状態というのは内臓などの状態を反映していることもあり、決して軽視をすることができません。食べないことはそれだけ命にかかわっていきます。

ちりめんじわもそんな体の危険を知らせてくれる信号の1つです。たかがしわと判断せず、このようなしわが見られた場合には、肌への保湿も重要ですが生活を見直してみることも必要になるでしょう。

摂取しておきたい栄養素の代表格

肌にとって重要な栄養素というのはいくつもありますが、特に摂取をしておきたい栄養素を紹介します。

その1つとなるのが亜鉛です。

亜鉛というのは、肌の新陳代謝にとって非常に重要な栄養素であり、肌の健康を土台から支えている栄養素になります。

ビタミンと一緒にサプリメントになっていることも多くあるので摂取はそこまで難しくありません。

ただ亜鉛だけを摂取しておけば良いというわけではなく、できるだけバランスの良い食事を心がけ、その上で亜鉛を意識していくことが必要とされています。

また重要な成分として脂肪も肌の健康を保つために必要です。脂肪分が不足すると自然と乾燥肌になりやすい環境が作られてしまいます。

このような栄養素を踏まえて摂取をしておきたい食物としては「魚」があげられます。

魚は亜鉛もしっかりと含んでおり、また質のよい脂肪も含んでいます。またその他にも豊富な栄養素が含まれているので、肌の健康を保持するためには非常に適した食材であると言えます。

体重を減らしていきたい、体を絞っていきたいという場合、食事の量を減らすにしても魚はしっかりと摂取をしておきたいものです。

※他に摂取をしておくと良い食物としては

  • まめ類
  • ごま
  • わかめなどの海藻類
  • 野菜

などになります。これらを意識していくとそれだけ肌の調子を整えた上で体の調子もしっかりと整えていくことも可能になるでしょう。

当然ちりめんじわだけでなく通常のしわの改善、しみの改善などにも良いと言えるでしょう。多くの人にとって肌の悩みを内側から改善させてくれる食べ物とも言えます。

関連記事

カテゴリー