しみ、しわ、ほうれいせんなど、お肌の大敵となる症状の原因や対処法をご紹介しています。

ボトックスによるしわ治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
43

しわの治療の中で近年大きく注目を受けている治療方法にボトックス治療があります。ボトックスという言葉を多くの人が聞いたことがあると思いますが、ボトックスというのは言ってしまえば毒であり、ボツリヌス菌という菌を体内に入れていくことになります。

これだけ聞くと非常に危ない、リスクの大きな治療方法に思えてしまいますが、しわの治療で利用するボトックスはこのボツリヌス菌を非常に薄めた状態となっています。

そのため体の中に入ったからといって、それがきっかけで病気になってしまうということはありません。

ボトックスによるしわ治療

厚生労働省によってしっかりと認可を受けていることからも、その安全性というのは高いと言えるでしょう。

ボトックス注射は顔の神経を麻痺させる薬剤です。顔面の筋肉を麻痺させていくことしわを予防していきます。

なぜ麻痺なのかということですが、顔面のしわの中には表情筋によって強くしわが出来上がってしまう部分もあります。表情筋が動かなければそのしわというのもできなくなり、しわが大きくなることを防ぐことができる、目立たないようにすることができます。

しかし麻痺させる効果というのはいずれ切れてしまいますので、ボトックス注射によるしわへの効果は永続的ではありません。

※ボトックス注射は信頼できる専門家がいる場所で行なってもらうことが必要です。人体に安全な濃度と言っても、やはりボトックスに対する知識が豊富な専門家のほうがリスクは当然低くなります。

失敗することもありえることを熟知しておく

ボトックス治療は失敗もあり得ます。表情筋、顔の筋肉というのは非常に多彩でありそれぞれがバランスを取っています。1つの筋肉が動かなくなるとそれは不自然な表情を作ってしまうことになるのです。ボトックス注射はそれを人為的に行ないます。当然表情のバランスが崩れてしまわないように行なうのですが、100パーセント成功するとは言い切れません。特に筋肉についてあまり熟知していない専門家であると表情のバランスは崩れるリスクが大きくなるでしょう。

ボトックス治療は、ボトックスを注入する場所と量が非常に重要です。これらは熟知しておりなおかつ、個人の表情筋をしっかりと評価できる、診断できる専門家のもとへ足を運んでいくことが必要です。

一時的な効果に強くこだわらないことも時に重要

ボトックス治療によるしわへの効果はあくまでも一時的です。人によってはそれにもかかわらず麻痺させることへ大きく抵抗を覚える人もいることでしょう。しわというのは人の表情を作っていきます。しわができても素敵な人というのはいるものです。特に笑顔に関するしわというのは人当たりの良さにつながることもあります。男性の場合眉間やおでこのしわというのは渋さや凛々しさを演出することもあります。

しわの全てを嫌煙してしまうのではなく、しわによって出てくる自分らしさ、人間らしさをしっかりと受け止めていくことも重要になるでしょう。

※高齢になることで出てくるしわというのは基本的に非常に消しにくいです。そのためあまりにもしわに対して嫌悪感を持っているといずれそれが大きなストレスとなって自分にのしかかってきます。しわを予防することは大切ではありますが、受け止めていくということも必要になるでしょう。特に女性の場合は過敏になりすぎることもあるため男性以上に注意が必要になってくるでしょう。しわを活かせる人間性というのも魅力的です。

関連記事

カテゴリー