しみ、しわ、ほうれいせんなど、お肌の大敵となる症状の原因や対処法をご紹介しています。

肌のこげがしわにつながる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
51

肌にとって良くないものというのは数多くありますが、その中でも最近は糖分というものが注目を受けています。

肌の糖化と呼ばれるものであり、糖化することで肌のコラーゲン組織が壊れていきそれによって肌の老化が生まれてくる、しわなどが出やすくなるということになります。

糖化というのは肌に限定したものではなく、体全身に大きく影響をしていることになります。糖が体の中に蓄積していくこと自体が体にとって良くない影響を持ってくるということになります。

糖化というのは「こげる」と表現をされることがあります。これは細胞が糖化減少によってたんぱく質が変性し、キャラメルのような状態になることからこげるという表現が使われます。

最近ではこのこげることに対して対処をしていくことで、しわをはじめとして肌の状態を良いものにしていこうとする人が増えてきていると言えます。

糖化が進行していくと終末糖化産物というものが生まれ、これがキャラメルのような色をしていることになります。(それゆえにキャラメル化というような表現がされることになります)この物質が多くなると当然肌の色も悪いものになっていくとされています。この終末糖化産物がたまっていくと、体の内面がこげたような状態になります。

この状態になってしまうとたんぱく質に悪影響が出てしまい、結果としてそれが肌の状態に繋がってしまうことになります。

弾力の源となるたんぱく質に悪影響が出てきてしまうと当然肌にしわができやすくなり、しわによる悩みが出やすくなると言えます。

糖化はいらないものを体にためやすくなる

糖化というのは、たんぱく質の変性というだけでなく、体にとっていらないものをためやすくする性質も持っていると言えます。血行なども悪くなり、病気などの原因にもつながるとされています。

糖分を多く摂取している人は、糖化に対するリスクは多くなりますが、食生活が乱れている場合も当然それなりにリスクがあります。現代の食生活というのはこの糖化が起こりやすいとも言えるでしょう。(糖化と糖尿病は違いますが、血糖値に注意が必要という意味では糖化も糖尿病も共通していると言えます。)

糖化を予防していく方法というのはそのまま糖尿病の予防にもつながることになります。多くのものを食べる人、食生活が乱れている人は糖尿病でなくても糖化を防ぐという意味でも少し意識をしてみると良いでしょう。そうすることで自身の肌の状態を良くしていくだけでなく健康を守っていくこともできると言えるでしょう。

化というのはまだまだあまり有名ではない言葉ではありますが、少し注目をしておくと良いでしょう。肌のしわを予防したい人にとっては注目度の高いキーワードとも言えます。糖分というのは人にとって必要な栄養素です。そのため全く摂取をしない生活をするというのは不可能と言えるでしょう。

しかし取り過ぎてしまうことで人体に対しての悪影響が見られると研究の中でわかってきており、その中のひとつが「糖化」となります。

かつては肌にとって「酸化」が良くないと言われていました。糖化という言葉が出てきた今でも酸化には注意や関心を持っておく必要はあります。

酸化だけではなく糖化ということについても興味を持つことが必要になる時代になってきたということでしょう。

時代の移り変わりと共に、必要なこと不必要なことというのは変わりがちです。情報に対して振り回されるのではなく、敏感に感じ取っていくことも大切です。

関連記事

カテゴリー